2013年5月23日木曜日

kindle新刊『脳人形の館』作業中+kindleついにファンフィクを取り込む!

kindle新刊『脳人形の館』作業中
今週末5/26は、美しき怪奇映画俳優、ピーター・カッシングお誕生日であります。1913年生まれなので、生誕百周年です。
(ついでに宣伝…こんなブログもやっております(笑) ピーター・カッシング~怪奇と耽美と美老人~

で、なにか記念になることをしたいと思いまして…新作を書く時間がないので、うちの唯一のカッシングファンジン、『恐怖!脳人形の館』に載せた小説を改稿してkindle化することにしました。
(ギャグ漫画等と組み合わせている同人誌のほうも販売を継続するつもりですので、小説部分の差し替えとか、すでに同人誌をお持ちの方には改訂版の縮刷をプレゼントさせて頂こうとか、考えております。需要があるかどうかは謎ですが(笑)、詳細はこれから決めます(^^;))

紙版を販売中のkindle本は無料キャンペーンはしない主義なのですが、今回はスミマセン、お祝いということで、お誕生日の5/26に一日だけ、無料配信にさせていただく予定です。(5/26追記・よく考えたらイギリス本国と時差があるため、あちらの26日にも重ねるために、5/26-27の二日間とさせていただきますよかったら落としてやってください。(紙版の内容まるごとではないので、お許しくださいませ(^^;))

ちょうどAmazonが、kindle無料アプリの新規登録でポイント100円分プレゼント、というのをやっています。kindleをお持ちでなくてiPhone, iPad, Androidをご利用の方、よかったらぜひこの機会にどうぞ。

Kindle無料アプリ新規登録でAmazonポイント 100ポイントをプレゼント!(5/26まで)


…いちおう、表紙案をこんな感じで、ポスター風に作ってみました。kindle本自体の表紙ではコピー等変えるかもしれませんが…(カッシングうんぬんを謳うかどうかもまだ悩み中です)しかしなんだこれは。(笑)



ご覧のとおり、同人誌タイトルから「恐怖!」をとりました。アミカス・プロの映画タイトル風を狙ってシャレでつけたタイトルなので、あまりにふざけたタイトルに見えるかもしれないということで…。(これでも「蝋人形の館」をすぐに連想していただけるように、B級感を残しておりますが…(笑))

中身はカッシングとクリストファー・リーの黄金コンビによるホラー風微耽美映画のノベライズ、という設定の小説で、時代設定は個人的にカッシングのルックスが一番美しいと感じる1972年。「もし当時のイギリスで腐女子文化が大流行だったら、ハマーやアミカスならこの程度はやっていただけたかも」、という勝手なさじ加減です。いろんなオマージュが入っております。(同人誌版で本文に入れていたカットは削除していて、文章のみ。トビラとラストにクリップアートとカッシング丈への献辞だけいれてあります)

同人誌をお持ちの方にはバレバレですが、中に載せたイラストを流用・加工して、Doverのクリップアートで飾りをつけた表紙です。美老人萌えホラー風でBL風、というものすごく間口の狭いものなので(笑)、それぞれの要素をなんとなく匂わせようと悪戦苦闘してみましたが、どんなもんでしょう…爆笑ものですね…(笑)。

しかしAmazonで無料にするとなれば、まったくカッシングに縁のない方の手にわたる可能性もあるので、改稿ではかなり手を加えました。まず、それぞれのご本名だった役名を微妙に変え、心理的振幅を大きくするために一部のシーンを変更し、ディテール設定も加えました。二次として読む場合には不要とも思える要素で、その線で見ていただくとこざかしい(?)かもしれませんが、カッシング、リーのイメージなしで単品(?)でもなるべく成立するように…との変更でございます。

kindleついにファンフィクを取り込む!
改稿作業をしていて…以前も書いた事がありますが、改めて二次創作で読みたいものと、普通の小説で読みたいものでは違いがあるな、と思ったのですが…そんな折、なんというタイミングでしょう。Amazonがkindleでの合法的ファンフィク出版に乗り出すというニュースが舞い込んできました!

きんどるどうでしょう:Amazon公認の二次創作システム”KindleWorlds”で同人の常識が変わるか?!

うわー…どんどん境がなくなっていきますねー。アメリカではファンフィクだった作品をオリジナルに仕上げたものがバカ売れしたり、このへんの権利関係をきちんと整理して、ビジネスになるのは時間の問題だろうとは思っていましたが、Amazon kindleで…どんどんすごいことになっていきますね。(^^;)

これのキモは、原作者にきちんと利益が還元されるということだと思います。ポルノ禁なのも賛成。個人が参入しやすいkindleであるのもキモで、ある意味二次創作が作られるほどの作品を作った原作者には、労せず収入が生まれる道ができたことにもなります。もちろんファンにとっても後ろめたくやるより嬉しいことですし、今まで存在を知っていただけなかったところで読んでいただける可能性も広がると思います。
まだ詳細がわかりませんし、また日本語ストアで適用されるのはずっと先、とかいう話かもしれませんが、とりあえず嬉しいニュースです。

これについてもいろいろ書きたいことはありますが、今日はこのへんで。まだファイル作りの作業が残っているので、カンバリマス!


2013年5月12日日曜日

アップル・タルト/ビルボ食堂検証編(笑)

ビルボさんちで出てきた「アップル・タルト」『ビートン夫人の家政読本』の古風なレシピを参考にして作ってみました。(スパコミ新刊『ビルボ食堂』をお持ちの方は、そちらと合わせてご覧いただけると嬉しいです♪)

レシピはパイ皮でフタをするやり方なのですが、「タルト」というと個人的にフタのないイメージなのと、一部うちにあるもので代用してるので、適当にアレンジしています。また、ビートン夫人版ではあいまいだったところなども補完しています。テキトーアレンジによる反省点は最後に。(^^;)でも結果的にはおいしく食べられたので、イマイチだった点や、イマドキと違うなーと思った点、思いつきでやったことなども含めて、やったままを書きます。レシピというより実験記録としてお読み下さい。(笑)

(参考にしたレシピの原著は、ヴィクトリア朝の料理・家政の資料として定番の本で、英語の著作権は切れていますので、ネットで無料で閲覧できます。Gutenbergのページはこちら。テキストだけですがkindle版をいただきました。検索はウェブ版のほうが速いです。
Project Gutenberg: The Book of Household Management by Mrs. Beeton

参照した分量は、生地は「フルーツタルト用のすこぶるおいしいショートクラスト」(VERY GOOD SHORT CRUST for FRUITS TARTS)の記載の半量、フィリングは「アップル・タルト(またはパイ)」(APPLE TARTS OR PIE)に書かれている量の二倍です。(それぞれ「小麦粉1ポンドに対して」、「リンゴ1ポンドに対して」という比率で書かれているので、使う量に合わせて計算しました)手に入らないものなどは適宜代用しています。

今回の材料
(ポンド、オンスからグラム・CCに大雑把に換算)

生地
(型はうちにあった直経22センチの底がはずせるタルト型を使いました。
この量で今回のようにフタなしだと生地は余ります)
小麦粉 230g
バター 170g
ふるった砂糖 小さじ1/2
水 95cc

フィリング
リンゴ(紅玉) 三個
砂糖 100g (マイナス大さじ2程度(^^;))
レモンの皮のみじん切り 小さじ1
レモン汁 大さじ2
水 大さじ2

生地のショート・クラストはパイというよりクラッカーみたいな生地。このレシピではバターと砂糖と小麦粉と冷水だけです。(最近のレシピ本を見ると卵も入れます。でもバターの比率はビートン夫人のほうがイマドキより多くて高カロリー!)

バターを粉のうえで切り刻んでもいいんですが、それを思いっきりやれる広い場所がないので(笑)、今回は前夜に6mm角見当で包丁で刻み、冷蔵庫で冷やしておきました。(広げる場所さえあれば、粉のうえで包丁でもできますね)粉の中で手でこすり合わせるように細かくしていき、しっとりしたパン粉状に。 バターがあまり溶けてくるとべたつきますのでご注意。今回は、粉のなかでさらにスケッパーでしつこく刻んでから手ですりまぜました。

水を入れて全体をまとめ、2、3回折りたたんで麺棒で伸ばします。(イマドキのレシピでは、折りたたまずにただ丸めるようです)このあと、イマドキのやり方に従って冷蔵庫で一時間以上休ませました。バターが多くて冷やさないとうまく扱えません。ビートン夫人の時代には冷蔵庫はないので、これはレシピにはないですが…。イギリス寒そうですしね。


冷やしている間にリンゴの皮をむいて薄切りに。芯抜きを持ってないので、普通に四つ割りにして芯のところを切り取り、5ミリ程度の薄切りにしました。
味付けは砂糖とレモン汁とレモンの皮だけ。皮を使うので無農薬のレモンを買いました。「よくつぶして」ということなのですが、つぶす方法が思いつかなかったのでみじん切りに。(…これがのちのち面倒なことに(笑))


砂糖は、レシピではmoist sugarというのを使っています。辞書でひくと直訳で「湿糖」ですが、そういう日本の砂糖は売っていませんよね。糖蜜が残っている未精製の砂糖だそうで、三温糖なんかが近いようです。今回はうちにあった普通の白砂糖を使いました。

最初は薄切りリンゴに砂糖やレモン汁をまぶそうと思ったんですが、切ったリンゴをばらばらにすると並べるときに面倒だと思ったので、切った状態を崩さずに並べてから、砂糖とレモン汁と水を混ぜてシロップ状にしてかけてみることに。かなりな量の砂糖なので、少しとっておき、仕上げにかけようと思いましたが、結局充分甘かったのでふりかけることはしませんでした。


生地を伸ばす板がなく、まな板では幅が狭いので、台所の台のうえにラップを敷いてそこでやりました。(笑)

生地を3mm程度の厚さに伸ばし、麺棒に巻きつけて、バターを塗った焼き型のうえで巻き戻す感じで広げ、生地を型に押し付けます。余分の生地は型のふちで押し切って取り、なかにリンゴを並べてさっきのシロップをかけました。リンゴは板状のパーツは周りにずらりと並べ、端のカーブのあるパーツは残して真ん中につめました。このとき、あんまりギュウギュウ押すと生地に穴が開きますのでご注意。実体験。穴あきました。その結果はのちほど(笑))
(生地はちょうどフタの分くらい余りました。幸か不幸か砂糖を入れ忘れたので(^^;)、お菓子でなく料理用にも使えます。普通のクラッカー的にただ焼いて食べてもいいかな…)

別のレシピを参照して、まずはオーブンを200度に設定。様子を見ながら途中180度程度に落としたりしました。オーブンのクセで焼き目が偏るので、途中開けてまわしたりしましたので、それを割り引くとやはり焼き時間は30~45分程度でしょうか。ビルボはかまどなので、やはり様子を見ながら焼いたんだろうな…とか妄想しつつ。(笑)焼き上がりはこんな感じ。
狐色の焼き色をつけられなかったのが残念。みじん切りのレモンの皮が焦げやすかったのと、先に砂糖で味付けしたのも焦げやすかったかと。途中ホイルを乗せたりして様子を見たのですが、火は完全に通ったのでこのへんで見切りをつけました。もともとパイ皮でフタをして焼くレシピのフィリングなので、先に味をつけるのかも。フタなしの場合は、焼いたあとにグレーズ(シロップやジャムで照りをつける)をしたほうがいいのかもしれません。

そしてさっき生地にあけた穴が発覚。そこからシロップが出て生地の外側に回り、カラメル状になってしまったんです。このカラメルは、型が底が抜けるタイプなのでそこにもしみ出て、型との間で接着剤になってしまい、はずすときナイフで切り取るはめになりました。(^^;)

でもまあ、食べる分には問題ないです。温かいうちに、定番でアイスクリームを添えて食べました。かなり甘いし、レモン汁の酸味もかなり効いています。でもお茶を飲みながら食べるには合いました。おいしかったです♪


ビルボの家では、ビフール「ラズベリー・ジャムとアップル・タルト」とセットで注文(?)していたので、ジャムを乗せて食べたのかと推測。(…それにアイスクリームはビルボの家にはありませんよね(笑))冷めてから市販のジャムを添えて試してみました。うむ!これもありだ❤ラズベリーの酸味がサッパリしておいしいです!砂糖抜きのミルクティーによく合いました。


今回グレーズをしていないので照りがありませんが、仕上げはグレーズのほか、粉砂糖もよくふりかけるようです。


反省点まとめ

・生地にちゃんと砂糖をいれること。
・レモン皮はリンゴをいれる前に敷いてしまうか、省いてもいいかも。
・リンゴは生地の上でギュウギュウ押さない。(^^;)
・そもそもリンゴを味付けしないで焼いて、あとからグレーズしたほうがきれいにできそう。
・「フタつき」パイのフィリングを「フタなし」タルトに流用したことからいろいろ不都合が出た。(^^;)


発見まとめ

・これくらいテキトーでもいちおうできあがる。
・アイスクリームはパイの救世主。作るときに用意しておくと、かなりおいしく食べられる。


じつは、別のイギリス料理の本に、昔はアップルパイにアイスクリームでなくチーズを添えていた、と書かれていました。リンゴを煮るときにチーズを入れるレシピもあったとか。乳製品合うんですね。今度チーズも試してみたいです♪

元にしたビートン夫人のレシピは、フタつきの「アップルパイ」としても、今よく食べるものとは違うなあ…と思います。リンゴを煮ないでいれるし、シナモンもいれないんですよね。イギリス料理にはシンプルで質実剛健(?)なイメージを持っているんですが、すごくそのイメージに合うなあ…♪と思いました。
『…家政読本』のオリジナルはイラスト付らしいので、原著も見てみたいです。ネットで部分的に画像が流れてるんですが、アンティークな感じのイラストがまたそそります…。


おまけアップル・タルトというとほんとにいろんなレシピがあるようで、その中から変わったのを二つご紹介します。

キューピー3分クッキング・りんごのタルト
タルト型なしでの作り方を紹介しています。クルミのクリーム入りというのも独特。

Smitten Kitchen: Sipmlest Apple Tart
英語サイトですが写真がたくさんあり、余分の生地を切り取らずにたたみ上げていて、素朴な感じが素敵です♪

2013年5月11日土曜日

価格変更のお知らせ(kindle分冊版ホームズ小説)

先月出ました三分冊版『追憶のシャーロック・ホームズ』、kindleストアに書き添えておりました通り、5/12までで現在の価格設定(トータルで統合版といっしょ)を終了します。その後端数切り上げになる予定です。よろしくお願いいたします。

(変更してからAmazonに反映されるまでの時間にバラつきがあるので、念のため(5/12中に変更されてしまわないように)、明日夕方になってから設定変更するつもりです。ストアへの反映に長くかかった場合、1~2日程度現在の価格のままかもしれません(^^;))


  

(もとからある統合版の価格は変わりません。変更後はこちらが少しだけおトクになります)

2013年5月9日木曜日

キャンペーン終了&通販開始


キャンペーン終了。(の、はず(笑))
kindle版チョロQワトスン、リリース時の無料キャンペーンでは、たくさんのダウンロードをいただけました。ありがとうございました!引き続き、設定できる最低価格99円中です。よろしくお願いします!


じつはトラブル(?)で、なぜかUSストアだけ無料が続いてます。(^^;)KDPに問い合わせたのですが「担当部署に調査を依頼しました。今しばらくお待ちくださいませ」との返信で、まだ(これを書いている2013/05/19 09:32現在)無料です。kindleをUSストアのアカウントで使っている方、どうぞ落としちゃってくださいませー。(笑)

→USストアのChoro-Q Watson: London ichi no kawaii doctor (Japanese Edition) (同じ日本語のものです)

まあ、これで終了後もUSで何人かの方に落としていただいてるわけなので…無名の書き手としては、むしろキャンペーン枠のおまけをもらってお得だったと思うべきかもしれません。(笑)(本来90日間で5日間しか設定できない無料キャンペーンが、USだけ7日以上続いてることになるので…(^^;))


同人誌通販開始
イベントのためお休みしていた、同人誌の(新刊を含めた)通販も再開いたしました。今回は都合により、受付期間を5/6~5/19と区切らせていただきます。よろしくお願いいたします。
詳細は同人誌な部屋にてご案内しております。

スパコミ新刊はにわかホビットです。(笑)


本にもヴィクトリア朝のレシピを載せた、シード・ケーキに使うキャラウェイ・シードをようやくゲット!したので、ちかいうちにこのやり方で挑戦してみたいのですが…どうかなー…(^^;)




2013年5月5日日曜日

スパコミ終了&チョロQワトスン無料中

スパコミ終了
昨日はSuper Comic Cityに参加させていただきました。スペースにお立ち寄りくださった皆様、ありがとうございました!

昨日の新刊はホビット本でした。映画・原作のビルボ食べ物萌え(レシピつき)岩波少年文庫風トービル小説という、トールキン素人によるへんな取り合わせの本でしたが、たくさんの方にお手にとっていただけました。(^^;)レシピはヴィクトリア朝のもので実用より鑑賞用(?)なのですが、楽しんでいただけたら幸いです♪(でもいくつかやってみたいものがあるので、そのうちこのやり方で作ってみようかな、と思っています)


通販は明日から受付開始、都合により5/6~5/19とさせていただきます。
詳細はサイト内同人誌な部屋にて。

今回はほんとに時間的にきつくてあきらめかけましたが、やはり新刊持っていけてよかった!と思いました。たくさんの方ともお話させていただけて、いつもながら情報もいただけて…今回は本でネタにしたビルボのお料理関連のこともお話できました。原作にラズベリージャムが出てくるのですが、日本ではなかなか手に入らない木イチゴ、自宅で育てているという方がいらして、プランターでも育てやすい品種のことなども伺えました。(ブラックベリーというのが育てやすいそうです。おお、これってシャーロックが使ってた携帯と同じ名前ではないですか!(笑)今度大きい園芸店で探してみようと思います♪)

とにかく楽しい一日でした。去年あたりの五月はもう、暑くて汗かいていた気がしますが、昨日は日陰だと薄ら寒いくらいで、暑さに弱いのでありがたかったです。コスプレOKのイベントで、シャーロックらしき方も見かけました。やはりコスプレがあるとお祭感があっていいですね♪


チョロQワトスン無料キャンペーン中です
さて、新刊が時間的にきつかった原因の一つがこれ、kindle版電子書籍の新刊です。同人誌で描いていたホームズパロディ漫画『チョロQワトスン』シリーズからの再編集です。今出している宇宙探偵ホォムズの前身で、舞台はいちおう正典ベースです。(かなりトンデモもありますが(^^;))。四冊の本から二冊の電子書籍にまとめる予定で、その一冊目であります。


こちらは絶版になってからだいぶたっているので、値下げができないホームズ小説のかわりに(?)、そちらをDLしてくださった皆様へのお礼もかねて、無料キャンペーンをしております。
5/2から5/6夕方までです。(設定は5日までなのですが、Amazonの基準時間が太平洋標準時なのと、サイトに反映するのがたいていずれ込むため、日本では5/6の午後6時半前後までになるかな…と思います)

よかったらこの機会に、ダウンロードしてやってください。
kindleをお持ちでない場合、スマホやiPad等のタブレットPCをお使いの方は、こちらの無料アプリを使ってご覧いただけます。


kindle ダイレクト・パブリッシングの本には、容量によって設定できる価格帯が決まっています。これはどうしても99円にしたかったので、3MB以内に抑える必要があり、入れられる画像数や解像度にかなり制限がありました。この分量・解像度で3MBギリギリです。

カラーページがほとんどなのですが、自分は持っているkndleがモノクロのPaperwhiteなので、テストファイルはこれと、英語版のkindle for PCでチェックしました。ファイルの仕様の問題で、「切り取ったコマを画面の真ん中に表示させる」という設定ができないので、コマの周りに余白をいれて画像化しています。

 こんな感じです。


Paperwhiteだとジャストサイズの余白なのですが、もしお使いのデバイスで見にくいところなどありましたら、今後の参考にこっそり教えていただけると嬉しいです。(ご感想・レビュー等もお待ちしております☆)