2016年3月27日日曜日

【3/27その2】イアンとアオサギさんの話・姿やらイメージやらエジプトの呪文やら

さて、本日の二本目は鳥の萌え話。もとは小説で書いてるイアンさんのモデル話としてジョナサン・アリスさんの情報と一緒にひとつの記事だったんですが、こっちが長くなりすぎたので分けました。(たぶん需要は「その1」のほうがあるかと思いますが(笑))
かなり気楽なイメージソース話なので、のんびりおつきあいくださいませ❤

…じつは下書きしてあったのですが、今朝の朝刊でスコーンと持ってかれた本を先に貼ります。書評欄の下にこんな本の広告が入ってたんです。なんという偶然。幸先いいぞ♪(?)



…このブログにはアオサギネタを書いたことがあったか覚えてないんですが…昨年あたりから近所を散歩するといつも遭遇するアオサギさんがいまして、これがかっこよくて、いつも会うのを楽しみにしてるんです。漢字では青じゃなくて「蒼鷺」って書くんですね。近所にいる個体は青というより灰色のイメージが勝っています。

ご近所のアオサギさん。昨年夏頃撮ったシラサギさんとのツーショットです。
兄さんかっこいいじゃんシュッとしててさー❤
(いや、メスかオスかは不明ですが(笑))

でもよく見るとわりかしコワイ顔してます。鳴き声も「ギャーッ!」って感じで、大きさもあって飛ぶ姿は鳥というより羽毛の生えた翼竜です。


こちらはこの冬に撮ったもの。昨年とは同じ個体かどうかわかりません。寒いとこんなポーズでくちばしを羽に入れて、片足も曲げてます。体温が逃げるのを極力防いでるんだとか。一緒にいるのはカワウさん。


エジプトでは、アオサギに生まれ変わる呪文があるとか、以前ツイッターで回ってきました。見ていて人間くさい印象は受けるので、そういう想像が膨らむのは大納得!であります。




…で、冒頭でご紹介した本なんですが……添えられてたコピーが衝撃で。
「なぜアオサギは不気味になったのか?」
ええっそうだったんですか!?ひたすらかっこいーなーと思ってたんですが!(^^;)

…商品説明をよく読んでみると、どうも日本と西洋の文学作品に出てくるアオサギのイメージが違っているそうで、そこを書いてる本みたいです。Amazonによると、

西洋でのイメージ→「孤独、孤高、精悍なアオサギ」

日本でのイメージ→「火を吐く妖怪、不気味で憂鬱なアオサギ」

…なのだそうです。自分は文学作品で読んだ覚えはなく、実物のルックスやしぐさからのイメージなのですが、どっちかというと西洋のアオサギに近いイメージ持ってたらしいです。でも「不気味」もわかる気がします。近くで見るとたしかにコワイ。(「火を吐く妖怪」までは想像できなかったけど(笑))もしかして、日本でのイメージは近くから見た姿・もしくはディテール込みで、西洋では遠くから見た姿を鑑賞してるんじゃないかしらん?

…エッセイなのかもですが、資料になりそうだったらほしいな~、なんて思った本でした。図書館にはないようなので、本屋さんで実物確認するしかないなー。こういう本置いてるのは大きな書店でしょうか。チェックしたい本のリストに加えます♪

*      *      *

…イアンとのつながりは、最初からイメージソースというより散歩中に見て「あ、なんとなくイメージ重なるな」と気づいて、それ以降はなんとなくイメージしています。色合いとか、ちょっとかっこつけてて孤高な感じ(?)とか、なのにときどき間が抜けてるとか。最近は特に絵に描くときに意識していて、先日の表紙などかなり似せたつもりなんですがどうでしょう…。(と鳥と並べられても)



加えて、イアンがよく通っている(という設定の)ロンドンのキューにある国立公文書館(National Archives)の前の池にもアオサギがいるらしく、だいぶ前に写真を偶然見つけました。イアンとアオサギはいろいろ縁があるようです。…ナショナル・アーカイヴスについては別のネタもてんこ盛りなので、また改めて書きますね。

*      *      *

【ついでのお知らせ】同人誌自家通販、昨日から再開いたしました。メール便がなくなってから、郵便で一番安いゆうメール/スマートレターだったのですが、送付後の追跡ができなかったので、追跡可能なレターパックでのご送付も対応を始めました。

特にご希望いただいたことはないんですが、うちはSHERLOCK本のまとめ買いをしてくださる方が時々おられるので、対面配達・ポスト配達を選べるのも良いかも、ということで。昔ながらの冊子小包の通販に慣れてる方は気にならないかもしれませんが、もしご心配な方はこちらをお申し込み時に選んでくださいませ。(J庭新刊のお試し読みも追加しました。こちらはいずれの本にもオマケにつきます。単品の場合は送料だけご負担をお願いいたします。m(_ _)m)


【3/27その1】ジョナサン・アリスさんボイスサンプルなど

今日は書きたいものが多いので二つに分けます。まずは短いほうから。先日気分転換にジョナサン・アリスさんのお名前で検索していて、こんなページを見つけました。ボイスアクターとしてのサンプルページです!

http://www.justvoicesagency.com/artists/uk_usa_male_voice_artists/jonathan_aris

コマーシャルとナレーションのサンプル音声が聞けて、しかもダウンロードもできます!(落としてどうするんだ私!いやもちろん聴くのです至福ー!!❤)

わりかし特徴的な声だと思うのですが、コマーシャルのほうの最後の叫び声はそう言われてもアリスさんの声とは思えません。さすがプロですねー。
声の特徴は「Bright Contemporary Distinctive」(明瞭、現代的、明確)30-40はこの年代の声に対応可能、ということでしょうか。ネイティブアクセントはロンドンの容認発音(標準的なクイーンズ・イングリッシュ)。

好きなのは、というかほとんど唯一聞いたことがあるナレーションはAir Crash Investigationのナレーションなんですが、オーディオブックのお仕事もされてるんですよね。少しずつ攻略したいなーと思います♪

…そして、『SHERLOCK 忌まわしき花嫁』がNHKのBSプレミアムで、プレミアムシネマの枠で放映されるそうですね。一昨日ツイッターで流れてきました。(2016年5月9日(月)よる9:00~)シーズン3もその前に再放送されるそうですね。


…本来劇場向けに作られたものではなくテレビ用なので、これが本来の印象になるんじゃないかと思います。個人的には豪華な『Many Happy Returns』(シーズン3前にあった短編『幸福な人生を』)という印象どまりなので、これで初めてSHERLOCKを見た、という方がいないことを祈ります。いや、別に私が心配することじゃないですが。(正直これを劇場で料金をとって見せる…というのは制作サイドの意図とは別の商売臭が感じられてイメージはイマイチよくないです。作品自体への評価とは別に考えなきゃいけませんが)放映は吹替えでしょうか。それともプレミアムシネマなら字幕かな?

…自分は正典のファンですが、正典ネタが入ってさえいれば嬉しいとか、ヴィクトリアンの扮装だと嬉しいとか、そういう琴線が自分にまったく見当たらないことを再確認した次第であります(笑)。ともあれ、アンダーソンはあんな扱いでしたが(いや、ひねりがあって面白い扱いでした。もう少し見たかったけど☆)、テレビで気楽に見られるのを楽しみにしてます。一緒にMany Happy Returnsも放映してくれないかな。テレビサイズで録画したいです。あんなに綺麗に撮られてるアンダーソンて本編ではありえないですし。(笑)


最後に、『忌まわしき花嫁』のキャストが団欒(?)してる写真のツイートを借用で貼らせていただきます。数少ない、この作品のアンダーソン(というかアリスさん)が写ってます。ありがたやありがたや❤(今更ですがほんとにファンになっちゃったんだな私(笑))

2016年3月22日火曜日

J庭ご報告と戦利品(?)などなど(写真多め)

昨日はJ.GARDENに参加させていただきました。スペースにお立ち寄りいただいたみなさま、ありがとうございました!

写真が多くタテに長いので目次(?)を(笑)。項目は

・BELNE先生原画展
・ペーパーラリー・ディスプレイのことなど
・新刊『ギャザリング・ストーム:さむがり男子イアン・ワージングのゴースト修行』

の三つです。


BELNE先生原画展

今回はお隣サークル様にとてもお世話になりまして、知らなかったイマドキの同人事情などいろいろ教えていただきましたし、おかげさまで事前にチェックできてなかった別会場のBelne先生原画展も拝見できました。

原画展コーナーでは、前に対談イベント『Juneを語ろう』のときにも配布されていた『June考』(先生がガーデンガイドで連載したエッセイ)をまとめた小冊子も再版されて置かれてまして、また一冊いただいてきました。(カンパ少々入れさせていただきました☆)

展示は先生のマンガやイラストの原稿、初期のコミックス、そして先生が大ファンでいらっしゃる、亡くなったばかりのデヴィッド・ボウイの絵のコーナーなどもあって、とても見応えがありました。アナログ原画ってほんとに特別なものだと思います。デジタルでは「原画」というものは存在しないので、これからますます貴重になるかもしれませんね。(自分は試行錯誤しまくるのでデジタルの恩恵大きいほうなんですが、最近ときどきアナログ回帰しています。手でじかに描く喜びってあるなあと思います…つくづく)

当日の戦利品から。後述のペーパーラリー景品の記念クリアホルダーと『June考』冊子。


ペーパーラリー・ディスプレイのことなど

今回はJ.GARDEN20周年、40回目の記念ということで、「二十歳(ハタチ)で四十(フワク)のペーパーラリー」がありました。参加サークルのペーパーを20枚以上集めて専用受付に持って行くと景品がもらえる、という楽しい企画で、サークル側としてはペーパーを受け取っていただきやすくなる、うれしい企画でもあります。

うちにあったパンダフィギュアなどで作ったディスプレイと、ペーパーラリー参加規定の目印POP。並べて飾りました。

POPの底面。J庭パンダちゃんもともと大好きなのですが、今回はこの「つかってー」が一番ツボでした!(笑)


今回は収集にもトライ。歩き回った時間は短かったのですがあっけなく30枚近く集めることができ、景品もゲットしました♪

クリアホルダーの裏面。二十周年チラシの「オレたちオトナになりました」のパロディですね。(笑)


いただいてきたペーパーの内容はPRあり、近況あり、ショート作品ありといろいろ。これだけ集めると読みごたえがあります!基本規定はA4サイズなのですが、参加の目印マークを入れれば小冊子もOKなので、冊子を配布しているサークルさんもありました。

うちはペーパーはイアンシリーズのご紹介と、最近作ったお試し読みサイトのご紹介、フリートークなどをA4一枚にぎゅっとまとめたもの。それとは別に、新刊としてイアンシリーズの短編を無料配布させていただきました。(短編は企画と関係なく予定していたものです。詳しくはのちほど)

ペーパーはこんな感じでイアンシリーズのPRがメインでした。
気に入ってるフレーズがコピーです。(いきなりこれじゃ意味不明(笑))

準備したペーパーは予備も使って二枚を残すだけとなり、一緒に配らせていただいた無料配布本はすべてなくなりました。(自分の分も取っておくのを忘れました(笑))企画のおかげなので、本はペーパーのついででお持ち下さった方もおられると思うんですが、基本お声をおかけするというより目を止めてくださってた方にお薦めしたので、お一人でもお二人でも、ご新規でご趣味に合う方との出会いがあるといいなーと思います❤

そして以前の本からお読みくださってる方々(ありがとうございます!)、ペーパーでなく本のほうから手を伸ばしてくださった方々もおられて嬉しかったです。きつかったけど作ってよかったと思いました。そしてオリジナルイベントながら、なぜかSHERLOCKのお話もさせていただけたりして(笑)楽しかったです。二次イベントと両方来てらっしゃる方、ごく少数ですがいらっしゃるんですよね♪

今回は最近買った拡大印刷ソフト(『ズバリ巨大プリントPLUS』)を使い、貼り合わせでA3サイズのミニポスターをディスプレイしました。(この拡大印刷機能、プリンタによってはデフォルトでついてるらしいんですが、うちのは見当たらんのです。たまたまメーカーから優待価格のお知らせがきていたので、980円で購入しました☆)

A4→A3拡大を実験したものとポスターの画像。

A3て部屋では大きく見えたんですが、いやー、会場では案外小さく見えますね!(笑)でもポスターで目を止めてくださった方も多かったので、やらないよりはよかったかな、と思います。(絵は使い回しですし(^^;))場所も列の端っこでよかったのかもしれません。お誕生日席ではなく長辺列の端っこなんですが、柱の前だったためお誕生日席とのあいだに広いスペースがあいてたんです。荷物を置くのも楽でした。

新刊『ギャザリング・ストーム:さむがり男子イアン・ワージングのゴースト修行』

さて、無料配布させていただいた新刊はこんな感じになりました。イアンシリーズの三冊目で、今回彼はゴーストライターの仕事を得ます。

表紙は流し目イアンのアップ。
前回よりページ数が増えてしまい24ページの冊子になりました。



前回のJ庭でも長編のPRを兼ねたスピンオフ短編『History…』を書き下ろしで配布させていただきました。そちらはシリアスに偏った仕上がりになったのですが、一作目の『ネガティヴ・ケイパビリティ』がわりとコミカルなシーンも多いので、PR短編にもその雰囲気を出したいな…と思い、今回は意識してコミカルにしました。イアンのコミカルなところ(アタマのなかで一人でごちゃごちゃ考えすぎる、案外惚れっぽい、etc.)をかなり出せたので、目標にしている「BL版寅さん」(笑)、近づいてきたように思います!ご新規で一冊目からまとめて三冊お連れ帰りくださった方もおられて、とても嬉かったです。お楽しみいただけますように♪次の長編に向けてガンバリます。

…じつは原画展を見に行ってる間に、ご高齢のご夫婦の方が『王殺し』を買ってくださったとのことで、ど、どういう経緯で…?(汗)と気になってるのですが、内容的に「BL」とは少し違うので、少しでもお楽しみいただけていればと願うばかりです。(通常一人参加でスペース留守中は帰る時間のメモを掲示しているので、いつも特にお隣様に留守中のお願いとかはしないのですが、今回想定外にお世話になってしまいました。重ね重ねありがとうございました☆m(_ _)m)

そんなこんなで、本当に充実したイベントでした。今のところ、これから先のイベント参加予定が(コミケの抽選待ちを除けば)ないのですが、ここ数年イベントに追われるようなスケジュールだったので、しばらくはじっくり仕込みに時間をかけたいと思います。

新刊の無料本はコピー誌なので、今回も刷り足して通販でのオマケ封入や単品での送料のみでのご送付をさせていただきます。もしご興味を持っていただけましたら、同人母艦サイト自家通販の手順でお申し込みくださいませ。(PC用の想定で作った古い仕様のサイトなので、もし見にくかったらメールやメッセージ等でお気軽にお問い合わせくださいませ!)通販は週末から受付開始の予定です。あとでサンプルもあげときますね。どうぞよろしくお願いします!

2016年3月15日火曜日

J庭当日の予定+おまけのお知らせ

遅ればせながら、3/21のJ.GARDENのお知らせです。


サークルカット・当日持参品


サークルカット(印刷用にコントラストを強くかけたらちょっと表情が変わってしまった(^^;))


…というわけでイアンさんをメインに、いつもの通り既刊も持って行きます。あ、『追憶のシャーロック・ホームズ-ワトスン博士最後の告白-』紙版も少し見つけたので持って行きます!Amazon扱い分は昨年なくなっているので、紙のほうがお好きな方がいらっしゃいましたらぜひご覧下さい。

以下持参リスト(価格は紙版のもの)です。kindle版があるものはそちらと中身が同じなので、kindleサイトのお試し読み付きご紹介ページにリンクを張っておきます。スマホでアクセスするとスマホ仕様になってくれるはずなので、PC用母艦サイトでは不便だった方にもラクに読んでいただけると思います。そちらにないものは母艦サイトのお試しページです。(母艦やここはテキストリンクを別タブで開くようにしていますが、新サイトは別タブ設定ができないので少し使い勝手が違います。ご了承下さいマセ)


イアン・ワージング シリーズ
ネガテイヴ・ケイパビリティ: 絶食系男子イアン・ワージングのレイライン紀行(¥800)
 【無料配布・短編】History: 低体温男子イアン・ワージングのハロウィーン
 【無料配布・短編】(制作中)
 


王殺し(¥300)


流星/杉野君 微JUNE小説短編集(¥200)


追憶のシャーロック・ホームズ: ワトスン博士最後の告白(¥1200)


宇宙探偵ホォムズ シリーズ(各¥300)
 在庫がある『牡蠣の季節』『バミューダ宙域の怪』のみ


無料配布用短編は現在鋭意制作中。長編『ネガティヴ・ケイパビリティ』のお試しスピンオフなのですが、前回の短編Historyがシリアス寄りになったため、もっと長編に近い、コミカルな部分を入れたものにしたいと思っています。まだ流動的ですが、トラウマ絶食系男子からリハビリ男子(?)程度に立ち直ってくれればと……間に合いましたら机に並んでますので、ぜひ読んでやってくださいませ♪


新刊表紙イラスト

イラストだけ出来かけなので、自分の景気づけを兼ねて載せます。(というか、なんとなく楽しみでちまちまと描いていて、寒いうちに完成させたかった「寒がりセーター男子イアン・ワージング」です(笑))まだ手を入れてるので、当日はすこし違うかもしれません。



最初はメガネなしでした。そのときの保存図との比較。モデルの人からかなり成長したイアンですが、メガネをかけたらモデルの人に少し雰囲気近くなった…ような気もします。この人は描いててひときわ楽しいです❤





ペーパーラリー

当日公式企画「ペーパーラリー」に参加させて頂きます!サークルペーパーを20枚集めて受付に持っていくと景品がもらえる、という企画。以前もありましたが、サークルにとってもペーパーをお手にとって頂きやすくなる嬉しい企画です。たぶんPRペーパーになると思いますが、無料配布本と合わせてお持ちいただけたら嬉しいです♪

J.GARDE二十周年特別企画・二十歳(ハタチ)で不惑(フワク)のペーパーラリー

J.GARDEN公式サイト

上記公式サイト内の「新刊掲示板」が閲覧可能です。サークルが書き込むときにタグが追加できたので、タグが多彩で面白いですよー♪ちなみにうちのタグはイアンのイメージで
「メガネ/ゲイ/詳細はHPにて/イギリス/お色気控えめ/インテリ/不遇/一冊読み切り/少し不思議」。ジョナサン・アリスさんから発展したキャラとしては、「不遇なインテリ崩れ」ってなんとなく理にかなっているような……。(すいません(^^;))でも今思うと「隠れ美男」というタグも入れたかったです❤(もう目がそうなってて(笑))


当日は時々席を立ってフラフラしますが、戻る時間をメモで置いておくつもりです。留守中のほうが落ち着いて見本誌が読める、という方も大歓迎ですので、ぜひゆっくり見て行ってくださいませ。お待ちしております♪


おまけのお知らせ

kindleサイトで小説の分割連載を始めました。以前こちらでご報告した投稿作品なので内容等少しご紹介もしたいのですが、今週は時間がないのでまた改めて。リンクだけ張っておきます。現在プロローグ(1、2、3まで)公開中です。ぜひ覗いてやってください。ノンケSF風エンタメなので、BL系は苦手な方にもご覧いただけたら嬉しいです。(深読みの余地はたっぷりあるのですが(笑))よろしくお願いします♪

交霊航路:僕と彼女とドイル文書は永遠に